Blog&column
ブログ・コラム

ワインの開け方のコツが知りたい!

query_builder 2022/04/22
コラム
20
最近はスクリューキャップのワインが多くなり、コルク栓が苦手な方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、ワインの開け方についてご紹介します。

ワインの開け方とコツ
コルク栓のワインを開けるには、開け方の手順とコツを知っておきましょう。

▼コルク栓のワインの特徴
コルクで栓をしたワインボトルは、「スティルワイン」と呼ばれます。
フレンチレストランなどでワインをボトルで頼んだ時は、たいていコルク栓のスティルワインを用意されるでしょう。
スティルワインは、コルク栓の上にキャップシールが巻かれているため、まずはキャップシールを取ります。

ここでありがちなのが、途中でシールが切れてしまい、はがそうにもはがれなくなるケースです。
そんな時にあると便利なのが、ソムリエナイフです。
キャップシールをはがすためのナイフと、コルク栓を抜くための栓抜きがセットになっています。
シールにナイフを入れれば、そこから再びはがせますよ。

■コルク栓を抜くときのコツ
スティルワインを開ける時の一番の難関は、何といってもコルク栓を抜くことでしょう。
コルク栓を抜くには、ワインオープナーが必要です。
スクリューと呼ばれるねじれた先端をコルク栓にねじ込んで引き抜くタイプから、電動式までさまざまな品がそろっています。

そのため、使いやすい物を持っておくと便利ですね。
ただ、どんなオープナーを使うにしても、コルク栓を抜くときにはコツがあります。
それは、コルク栓に対して垂直にスクリューを差し込んでいくことです。

斜めに差し込むとコルクが裂けてしまいますので、くれぐれも注意しましょう。
また、勢いよく引っ張るともろくなったコルクがちぎれてしまうことがあり、こちらも要注意です。
スクリューがコルクに入ったことを確認したら、ゆっくりと引っ張っていくのが、コルク栓のワインの開け方のコツです。

▼まとめ
ワインと言えばコルクを抜くというイメージだったのが、近年はスクリューキャップが増えて開け方も簡単になりました。
だからこそ、コルク栓のワインの正しい開け方を知っておきたいものですね。
月島にある当店は、さまざまなワインをご堪能いただけるワインバーです。
隠れ家のような居心地の良い雰囲気で、厳選したワインをお楽しみください。

NEW

  • 日本酒のアルコール度数について

    query_builder 2023/07/02
  • 日本酒の種類と特徴について

    query_builder 2023/05/03
  • 日本酒の飲み方について

    query_builder 2023/04/05
  • 初心者におすすめの日本酒選びのポイント

    query_builder 2023/03/03

CATEGORY

ARCHIVE