Blog&column
ブログ・コラム

悪酔いしない飲み方のポイント

query_builder 2022/09/15
コラム
36
いくら楽しい飲み会でも、悪酔いしている人がいると周りは心配になるものです。
「お酒を飲むと気分が悪くなる時がある」という方は、お酒の飲み方に原因があるかもしれません。
今回は悪酔いしない飲み方をご紹介いたしますので、一度参考にしてくださいね。

▼悪酔いとは
悪酔いとは、飲酒によって頭痛・嘔吐・めまいなどを起こすこと。
また、酒に酔って他人にからんだり暴れたりすることも「悪酔い」と表現されます。
悪酔いはアセトアルデヒドが原因とされていて、症状が出るのは飲酒から2時間以上が経過した頃です。

■悪酔いしない飲み方とは
悪酔いを防ぐ飲酒のコツについて見ていきましょう。

・空腹時を避ける
空腹時にアルコールを摂取すると、アルコール濃度が上昇しやすく、酔いが回りやすくなります。
何か食べてからお酒を飲むようにして、空腹時の飲酒を避けましょう。

・ゆっくり飲む
お酒を飲むペースが早いと、肝臓での分解が追いつかなくなり、悪酔いしやすくなります。
お酒をゆっくり味わうことで肝臓への負荷を軽減でき、飲み過ぎ予防にもつながるでしょう。

・水を飲む
お酒と交互に水を飲むことで、飲酒量をセーブする効果が期待できます。
また、飲酒時の水分摂取には、脱水症状を防ぐという目的もあるので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

▼まとめ
空腹時を避けて、ゆっくりお酒を飲むことで悪酔いしにくくなります。
また、お酒と交互に水を飲むことで悪酔い・二日酔い・脱水症状を防ぐことができるでしょう。
当店では、お客様がリラックスして楽しめる空間づくりを目指しております。
「落ち着いた空間でゆっくりと飲食を楽しみたい」とお考えであれば、ぜひ一度ご利用ください。

NEW

  • 仕事帰りの寄り道におすすめの場所

    query_builder 2022/10/01
  • 悪酔いしない飲み方のポイント

    query_builder 2022/09/15
  • ワインバーで女子会をするメリットとは?

    query_builder 2022/08/15
  • ワインバーとは?個室を利用するメリットについて

    query_builder 2022/08/01

CATEGORY

ARCHIVE